INTERVIEW
YUN SEIRA

尹世羅

ソーシャス株式会社 創業者兼CEO https://socious.io/ja

略歴

川崎生まれの連続社会起業家。アメリカの高校を卒業後、国際人権法を早稲田大学やジュネーブ国際開発高等研究所で学び、更にケンブリッジ大学ビジネススクールで社会起業を研究。2008年からは、インパクト団体(NPO、UNHCR、国際赤十字、ソーシャルビジネス)で活動を開始。その後、2021年にはプログラミングを学び、ソーシャス株式会社を設立。自身のマイノリティとしての経験から、誰もが生まれた境遇を乗り越えて自己実現が可能な世界を築くために、全力を尽くしている。

-現在の仕事についた経緯-

私のように生きづらさを感じる人々のために何かしたいという想いから、インパクトセクターでのキャリアを目指しました。
しかしながら、有意義な仕事と経済的な安定を同時に実現することが非常に困難であることに気づいたのです。

最初は非営利団体で働くために、経済的な安定を犠牲にしなければなりませんでしたが、最終的には国際的な組織である国連や赤十字などで働く機会を得ることができました。

その後、社会起業家としての道を歩み始めた際には、新たな課題に直面しました。
それは優秀な人材の採用が非常に困難であるということです。これらの課題は私だけでなく、他のインパクト志向の求職者や社会起業家にも同様に影響を与えていることを認識しました。

それがきっかけで、この課題に真剣に取り組み、解決策を提供するために、私はソーシャスを立ち上げました。

-仕事へのこだわり-

私の仕事へのこだわりは下記2つです。
・仕事がどんなに忙しくても、家族や友人との時間を優先すること
・気が済むまでやり抜くこと

19歳の時、親友を失ったことをきっかけに、「生き残った自分は生きづらさを感じる人々のために何かをしたい」と思ったのが、この仕事の始まりです。

「同じ想いを抱えている人のために」
「家族や友人など周りの支えてくれている人のために」
その想いを胸に仕事に取り組んでいます。

-若者へのメッセージ-

人生はマラソン、そして走るコースは人それぞれ。

私は19歳の時、学歴やスキルもなく、仕事もありませんでした。
しかし、そこから大学に入り、今ではいろんな素晴らしい人と出会うことが出来ています。

今の日本は、受験に落ちてしまったら人生が終わりという風潮がありますが、そんなことは決してありません。
人生は何度も挫折を経験しますが、その長い人生の中で何が起こるかなんて誰もわかりません。
若い時にどれだけ失敗しても、未来の60歳で輝かしい成功を収めている人はたくさんいます。
人生を長いスパンで見つめ、焦らずに前進しましょう。